毛髪「形状・色」の種類

毛髪は、ストレート形状や曲がりくねった形状、また黒色や金髪色、白色といった形や色、その他に硬さの違いなど種類が人によって違ってきます。

 

 

毛髪の形状の種類

毛髪の形状には、

 

 

  • 直毛
  • 波状
  • 縮毛

 

 

という3種類の形状が存在しています。

 

 

直毛は、主にわたしたち黄色人種に多い形状とされています。

 

波状は、かるいカール状になった髪質で北アメリカやヨーロッパ、ユーラシア地域の白人に多い形状といわれています。

 

縮毛は、熱帯地域に生活している黒人に多い形状とされています。

 

 

 

 

では、どうしてこのような毛髪の形状が違っているのでしょうか?

 

 

毛髪の形状が違う理由

この現象は、毛髪の断面を観察することで判断できます。

 

 

わたし達直毛の毛髪断面を見ると、限りなく円形に近い形になっているのが分かります。

 

それに対してウェーブ形状や縮れ毛などの断面では、扁平な楕円の形になっているのが分かります。

 

 

 

この毛髪断面の形状を決定づけている部分が毛包に隠れている毛根部分の形状だといわれています。

 

また毛根部分の形状が違う点があげられています。たとえば、毛髪がつくられる過程で毛根部の形状が円状態に近い形状であれば直毛が育つ可能性が高いということです。

 

 

また、毛根部分の形状が楕円になっていたならば、毛髪がウェーブ形状に育つということです。さらに楕円の形が湾曲のように大きくなると、縮れ毛現象になるということです。

 

 

 

 

このような症状は、もともと皮膚が形成されるとき、人種によって細胞の働きかたなど遺伝子の違いがあるという指摘があるためだといわれています。