毛髪記事一覧

あなたは毛髪(もうはつ)と聞いて、どう想像されますか・・・?髪の毛・脇毛・髭・産毛・すね毛・腕毛・指毛・陰毛・・・?どれも正解です。毛髪とは、体に生えてくる全ての「毛」なんです。全ての毛を総称(総まとめ)して「毛髪」と、呼ばれているのです。皮膚には毛穴が存在しています。その皮毛穴から皮膚の付属器官として発達したものが毛なんです。皮膚を外敵から守ろうとしてできたものと考えられます。また、髪の毛を育て...

dummy

毛髪は、ストレート形状や曲がりくねった形状、また黒色や金髪色、白色といった形や色、その他に硬さの違いなど種類が人によって違ってきます。毛髪の形状の種類毛髪の形状には、直毛波状縮毛という3種類の形状が存在しています。直毛は、主にわたしたち黄色人種に多い形状とされています。波状は、かるいカール状になった髪質で北アメリカやヨーロッパ、ユーラシア地域の白人に多い形状といわれています。縮毛は、熱帯地域に生活...

毛髪は、皮膚の一部が変形してできたといわれています。毛髪の成分も皮膚の一部で構成されており、主成分はケラチンといわれる硬さのあるタンク質でできています。この硬タンパク質中の成分は、おもにアミノ酸が結合されて構成されています。アミノ酸類含有量アミノ酸類含有量シスチン16,4%バリン5,2%グルタミン酸12,6%アラニン4,5%セリン11,6%リジン2,5%プロリン8,4%イソロイシン2,4%スレオニ...

毛髪の構成は下図のようになっています。毛髪部分は3構造から形成されています。表面部分:キューティクル(毛表皮)中部分:コルテックス(毛皮質)中央部分:メデュラ(毛髄質)といわれる名称で構成されています。キューティクル(毛表皮)表面の毛表皮部分のキューティクルは、たけのこや魚ウロコ部分のように、元から重なり合う状態によって形成されています。よく髪の毛をブラシなどで逆なですると枝毛ができるといわれてい...

毛髪の誠意質として保水力があげられます。保水力を応用した方法がコールドパーマやヘアダイ?普段お風呂上がりに髪のセットしやすいという理由は、毛髪の保水力がすごいという特徴があるためで、お風呂で髪を洗ったり湯気によってむされた髪の状態は、普段の30%から35%という水分を吸収する作用があります。吸収した髪の状態は保湿効果たっぷりで、髪の長さや太さが通常の大きさよりも15%から17%という保水効果によっ...

毛髪の成長にはサイクル過程といわれる物が存在しています。ヘアサイクルを説明するその前に、髪は一日にどれくらい伸びているのか、あなたは知っていましたか?髪は一日に0,3ミリから0,4ミリ伸びているそうです。伸びる速度は人によって違い、多くの差が見られる場合もあります。というのも、わたしの知り合いにとても髪の濃い人がいます。その人を時々見かけていますが、いつも一緒の髪型をしています。髪型はとても短くて...

dummy

髪はケラチンで出来ています。ケラチンといえば角質層を構成しているタンパク質でもあります。また爪や髪の外装を覆う成分としても有名な存在です。これらをよく考えると、ケラチンが使われている場所は硬く形成されている場所に使われているのがよく分かるとい思います。ケラチンは繊維質で出来ていて硬く形成されたタンパク質のかたまりなんです。なので爪や髪の外装の成分に使われているんですね。ケラチンの成分とは?ケラチン...