フケ・かゆみが治らない場合の対処方法

通常フケやかゆみに適している物はシャンプーというみなさんの概念がありますが、育毛剤にもシャンプーと同じく立派にフケやかゆみに効果がある成分が多く含まれているんです。

 

 

下手をすると、シャンプーなどよりも効果がある成分がこれでもかと含まれている育毛剤もあるくらいです。というか、今ではそんな育毛剤が目白押しにいっぱいあります。

 

 

ただ、やはり頭皮状況が悪くなると、当初はどうしてもみなさんの関心はシャンプーに向いてしまうという条件反射的な考えが起きてしまうようです。

 

まぁ、頭皮の環境を良くしようと思えば、頭皮の清潔は必要不可欠なので、シャンプー撰びは欠かせない問題としてあります。しかし、良いシャンプーを使ったからといってフケやかゆみがすぐに治るということもありません。

 

また、シャンプーがダメなので、良い育毛剤を使ったとしてもダメな時もあったりします。

 

 

そんなときにはどうするか・・・?ならばこう考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

フケやかゆみが出てきて頭皮環境が悪くなったからという理由は、根本的な問題がある場合があったりします。

 

そういった場合の頭皮状況は、頭皮内部からの「SOSサイン」かもしれません!

 

 

 

なのでここで考えることは頭皮ではなくて、皮膚という根本的な理由を考えてみてください。皮膚にはターンオーバーといわれる皮膚のサイクルがあります。頭皮も皮膚と一緒です。

 

もともとフケやかゆみが出る理由として上げられることは、ターンオーバーといわれるサイクルが正常に働いていない状況ということが考えられます。皮膚内部のターンオーバーが悪いということは、細胞の働きがスムーズではないという理由になります。

 

 

細胞に働きが悪いということはそれなりの理由があるわけです。・・・?

 

こんな場合は、ひょっとして私生活などに問題があるかもしれません。

 

睡眠不足とか、ダイエット中とか、ストレスがあり疲れが溜まってきているとか、過食症、お酒の飲み過ぎ、油の摂り過ぎ、肉だけの食生活肩良すぎの食事など、今のあなたに見に覚えがあるならば、これらの原因を正したほうが新しいシャンプーや育毛剤を使わなくても治る場合があるかもしれません。

 

 

 

しかし、今このような乱れた私生活を正しても直ぐにはフケやかゆみがが治るという保証はありません。

 

なぜなら、このような食生活の積み重なったからだへの影響がすぐに抜けきらないからです。

 

 

どういうことかというと、今起きているからだの変調は3か月前の食生活による影響が出ているからです。体の中で活躍している細胞達は個々の臓器によって働き方や寿命が違うのです。

 

 

あなたが今食べている食物の栄養分は、今生きている細胞に対して影響します。その食べ物によって生きている細胞たちは、その食べ物の栄養を吸収して生きています。ということは、その食べ物が肉中心の食べ物だった場合は、肉の栄養だけを受けた細胞たちは肉の栄養分しかトイレないわけです。

 

その肉の栄養で活きている細胞の寿命は個々の器官によって違いますが、短いところでは1周間や2週間といった寿命ですが、長い場所での細胞の寿命は3ヶ月や半年、または1年、2年といった長い期間生きている細胞も存在しています。

 

 

なので、総合的に見た場合、今の食生活がからだへの影響が出て来る期間は約3ヶ月から半年と言われているんです。

 

したがって、今フケやかゆみが出たからといって、良いシャンプーや育毛剤を使ったり新しいものに変えてみても「一向によくならないよ!」って言う時には、いま一度私生活を見直してみるといいかもしれませんね。