本当に効く育毛剤 ランキング 男性用2017

フィンペシア

本当に効く育毛剤ランキング

フィンペシアはプロペシアのジェネリック品です。

 

フィンペシアがプロペシアのジェネリックではないという人もいますが、インドのシプラ社(Cipla Limited)が製造している正真正銘のジェネリック品です。

 

 

 

プロペシアのジェネリックということは、効き目もプロペシアと同じということになります。

 

 

 

プロペシアが男性型脱毛症に効果があるといわれているように、フィンペシアにも同じく男性型脱毛症の症状を解消する成分が配合されています。

 

 

わたしが別件で運営しているサイトの売上では、フィンペシアの売れ行きが好調ということもあり人気度の多さがうかがえます。

 

 

フィンペシアが男性型脱毛症に効果がある理由とは?

フィンペシアの主要成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症を抑制する効果がある成分です。

 

フィナステリドはもともとプロスカーという名前で前立腺肥大症の治療薬として開発され発売されました。

 

そして前立腺肥大症に苦しむ患者さんを対象に使っている最中(さなか)、患者さんの髪の毛が伸びてきたことから「育毛剤用として開発したらどうか?」ということから開発された経緯がある成分です。

 

そして、男性型脱毛症用に開発された内服薬がプロペシアです。

 

 

 

 

では早速、男性型脱毛症を抑制する効果を詳しく説明します。

 

 

男性型脱毛症の主要原因とは?

男性型脱毛症の原因は、5αリダクターゼという酵素が関係しています。

 

 

男性型脱毛症の主な原因になっているものは、男性ホルモンであるテストステロンが頭皮上の毛乳頭細胞内に入ることで起きています。

 

 

 

頭皮上の毛乳頭細胞内には男性ホルモンのレセプターといわれる受容体があります。

 

男性ホルモンが働くためには、この受容体であるレセプターや酵素である5αリダクターゼ、また細胞の核内に存在する標的遺伝子の存在が欠かせません。

 

 

しかし、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化すると、男性ホルモンレセプターと結合作用が起こり毛乳頭細胞の核内へ侵入することによって細胞のタンパク質変性が起こってしまいます。

 

毛乳頭細胞の核内でタンパク質変性が起きると、生物学的作用が起こり細胞の能力低下や消失といった破壊作用が起こってきます。

 

 

男性型脱毛症の原因をストップする成分

しかしここで注目されるべき物質は5αリダクターゼという酵素の存在です。

 

酵素である5αリダクターゼは薬で抑制できる物質ということが実験などからも分かってきました。

 

 

フィンペシアに含まれているフィナステリドは、この5αリダクターゼという酵素の作用をなくす効果がある成分として開発されたものです。

 

5αリダクターゼという酵素の作用がなくなると毛乳頭細胞内のタンパク質変性も起きません。ましてや、頭皮上の毛乳頭細胞に変化が生じて抜け毛や薄毛といった症状にもならないということです。

 

 

フィナステリドを服用することによって毛乳頭細胞の働きも正常そのままの作用で髪をつくる動作が滞りなく行えるため、今まで男性型脱毛症の原因である抜け毛という症状も回復する兆しがあらわれてくるのです。

 

 

しかし、ジェネリックにはデメリットも少なからずあるということです。

 

 

ジェネリックのデメリットとは?

このフィナステリドはフィンペシアに含まれています。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリックですから、当然プロペシアにも含まれています。しかし、プロペシアは先進医薬品ですから価格的に見て高いというデメリットがあります。

 

 

そのデメリットを補った内服薬がジェネリックであるフィンペシアです。なので薄毛や抜け毛で悩んでいる人たちの間で人気となって高い購入率になっているのです。

 

 

 

しかし、ここで言って置かなければならないことがあります。

 

それは、プロペシアもフィンペシアも共に主要成分はフィナステリドです。しかしフィンペシアはジェネリックでつくられる過程で内容成分が少々違ってきています。

 

 

ジェネリックは成分が違う?

違うというわけは、添加物の違いです。

 

 

錠剤類などの薬品をつくる際、主要成分とは別に添加物は必要不可欠だからです。

 

色や形、大きさ、味、溶けやすさ、混ざりやすさなどのさまざまな要因がある中でつくられる工程が、各企業によって独自の違う成分などを使用してジェネリック品はつくられています。

 

したがって、効き目や体に及ぼす影響力なども少しではあるものの、種類によって違いが生じてくる場合もあったりします。

 

同じジェネリックでも多少効き目が違う?

先進医薬品であるプロペシアと後発医薬品であるジェネリックのフィンペシアでも多少の違いが生じてくることもあるということです。また、同じジェネリックでも企業によっての違いもあるわけです。

 

 

プロペシアは先進医薬品として、多くの臨床検査などの確かなデーターが存在しています。

 

しかし、ジェネリックのフィンペシアのジェネリックでは、臨床検査のデーターに乏しいというデメリットもあります。

 

 

よく商品ページの口コミなどに「プロペシアはわたしには合っていましたが、フィンペシアは合いませんでした」といった感想があるのも、これらの原因によるところが往々としてあるように思われます。

 

 

 

なので、一概に安さだけにとらわれないことも必要かもしれません。とはいっても、こればかりは服用してみなければなんとも言えないのも現実です。

 

 

 

ジェネリックではフィンペシアがメジャー?

そんな中でわたしはフィンペシアを服用しています。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリックでは一番人気があり売れている商品です。

 

 

 

服用している中での副作用といえば、前立腺肥大症が見事に改善されました。しかし、性欲はかなり落ちています。ムラムラやトキメキ感が起こらなくなってきます。

 

しかしこれも服用をストップすれば、再びよみがえってきます。

 

 

 

フィンペシアやプロペシアを服用することによって、上記のような副作用はあるもののハゲという最大の原因が解消されることを思えば、やはり必要不可欠といえるのではないでしょうか?

 

また費用対効果を考えればフィンペシアになるかもしれませんが、信頼を得るならばプロペシアかな?

 

 

購入はオオサカ堂がメジャー的存在!

フィンペシアを個人輸入する場合、もっともメジャーな場所といえば「オオサカ堂」といわれています。

 

 

オオサカ堂の他に何店舗かありますが、価格がもっとも安くなっていることころはオオサカ堂です。価格が安いその理由は、一番売れているからです。

 

他と比較するまでもなく、一番安く購入することができるので、他の店舗は紹介していません。

 

 

本当に効く育毛剤ランキング

 

>>フィンペシアはこちらから

 

 

フィンペシア

本当に効く育毛剤ランキング

詳細

【商品名】

フィンペシア

 

 

【成分】

  • フィナステリド

 

【内容量】

  • 1箱30錠入り/1箱100錠入り

※1日1粒1ヶ月分/1日1粒3ヶ月分

 

【使用対象】
男性専用
※女性使用厳禁
(女性は絶対使用してはいけません)

 

【効果】
5αリダクターゼ抑制効果
男性型脱毛症改善効

 

【服用方法】

  • 1日1錠

※定まった飲むタイミングはありませんが、個人的体験では夜寝る一時間ぐらい前に胃薬と一緒に飲んでいます。他に飲む薬があれば、胃薬の有無を確かめて飲んでいます。
(尚、フィナステリドはかけ合わせするとダメな薬はほとんどないという企業のコメントがあります)

 

 

 

【副作用】
育毛用の医薬品の中では、比較的副作用が少ないのが特長

 

フィンペシア

 

 

 

関連ページ

フィンペシア+ミノキシジルタブレット
フィンペシアとミノキシジルタブレットのダブル購入が最も人気になっているようですが、その人気の訳とは?ハゲの最大の理由は男性型脱毛症(AGA)による傾向がもっとも多いといわれています。
ミノキシジルタブレット・シートタイプ
ミノキシジルタブレットのシートタイプは、錠剤1粒1粒がシートに入っている状態の錠剤です。シートタイプは衛生面などの問題や、少数の錠剤を間違いなく管理し易いようにという目的からこのようにつくられています。
ポラリスNR-08
ポラリスNR-08は、主要成分ミノキシジル成分が7%という比較的高くもなく、また低くもないという医薬育毛剤の中ではちょうど中間的な存在の基本形のような育毛剤です。また、ミノキシジルの他に含まている成分にも
ミノキシジルタブレット・ボトルタイプ
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。