本当に効く育毛剤

ミノタブ 副作用は最強レベル?でも育毛効果は最強最速!

ミノタブ 育毛効果は最強最速!ついでに副作用も最強レベル?と題したタイトルになっていますが、タイトル通りミノタブの育毛効果にはすごいものがあります!

 

 

それが証拠に、まずはこちらの口コミを見てください→    ミノタブの口コミ

 

 

 

ミノタブは塗布する種類の育毛剤ではないですが、シッカリとした内服用の錠剤で飲むタイプの育毛剤です。しかも最強と言われている噂があるのも事実です!

 

 

ミノタブは高血圧用の成分だった?

ミノタブはミノキシジルと言われている高血圧用の人が服用する内服用の成分を育毛剤用にした内服薬です。

 

もともと高圧内服用だった薬を育毛のための内服用にしたわけですから、その育毛効果はすごいとしか言いようがない効き目です。

 

 

 

ミノキシジル成分を使った塗布用の育毛剤なども出ていますが、もともとが内服用ということもあり塗布用にした時点で育毛効果に対するとちょっと無理があるという理由があるのも事実です。

 

しかし最近のミノキシジル成入りの育毛剤も育毛効果のレベルが上がり、今では驚くほどの効果や、それに比例する副作用もほとんどないといううれしい状況になっているそうです。

 

 

ミノタブの副作用は最強レベル?

育毛効果は最強最速!ついでに副作用も最強レベル?というタイトルの表にの理由には上記に述べたような理由がありますが、もっと詳しい理由にはミノタブの効果には毛細血管を押し広げるという効果があります。

 

 

髪の根元には毛細血管が通っています。

 

通常であれば、毛細血管から栄養を吸収した毛乳頭細胞が毛母細胞に髪を生やすように司令を出す働きをしています。

 

しかし、薄毛や抜け毛で悩んでいる人の毛根部分に通っている毛細血管はか細くなり、毛細血管の先端部分ではなんと10ミクロンと言われる極小さな管になっているそうです。

 

しかもこの大きさは一つの細胞がやっと通れるという大きさだそうです。血液が汚れてドロドロ状態になれば、すぐさま詰まりそうな環境で栄養もほとんど通わなない状態になります。

 

このような状態では、毛乳頭細胞に栄養が届かなくて干からび状態になってしまいます。

 

 

毛細血管拡張作用が大きなポイント

毛細血管を押し広げるという効果があるミノタブを摂取すると、毛細血管が押し広げられる効果が現れてきます。血管内部が押し広げられると今まで詰まり気味状態だった毛細血管が広がり大量の栄養分が毛乳頭細胞へと送られるようになります。

 

十分な栄養が与えられた毛乳頭細胞は働く意欲が湧き、髪をつくっている毛母細胞へ司令を出す働きがよみがえってきます。

 

 

毛乳頭細胞につれ毛母細胞も栄養をもらい、髪をつくる働きも本来の状態にもどり毛母細胞の分化作用によって大量の髪を作り出す工程が復活するようになります。

 

 

ミノタブの副作用とは?

しかし、ミノタブには髪をつくる重要な働きの裏側で副作用といわれている厄介な問題が起きてくることもあるのです。

 

 

 

よくいわれているミノタブの副作用には、「むくみ現象」と言われている症状が現れてきます。

 

 

ミノタブの副作用にはむくみ現象?

この現象は、ミノタブを服用した人ならほとんどの人が経験する症状かもしれないという症状です。

 

 

発毛を促進する内服用育毛剤とは?」の中にむくみ現象について詳しく掲載していますが、むくみ現象が現れてくるときは肝臓などの機関が弱っている場合に起こりうる症状とも言えます。

 

ミノタブを服用することによって、少なからず肝臓や腎臓の働きに支障をきたして来ることがあります。みなさんがそうなるとは限りませんが、おもに体が弱っている状態のときなどに出る可能性が高い症状といわれています。

 

 

 

通常血管内の水分などを調整している腎臓の働きが悪くなると、血管内部の水分が溜まりすぎて処理しきれなくなる減少が起きてしまいます。処理しきれなかった血管内部の水分が溢れ出し、細胞外マトリックスへと溢れ出してしまう減少が起きてしまいます。

 

通常であれば、静脈やリンパ管に入り処理されるはずですが、ミノタブの作用には動脈を拡張する作用はありますが、静脈を拡張する作用がないのです。

 

 

動脈だけが拡張されるその分の多くなった水分の行き場がなくなり、血管外部へと溢れ出してむくみ現象が起きてしまうのです。排水口が詰まった洗い場といった光景が目に浮かんできそうですが!

 

 

 

しかし、ミノタブを服用した経験者の多くの体験談では、2,3日の症状で収まるといわれています。

 

その時のミノタブの服用方法にも休み休み服用するといった臨機応変に対応することで、ほとんどの人がむくみ現象を乗り越えているそうです。しかし、ミノタブの使用には最新の注意が必要ということです。

 

 

「薄毛や抜け毛の症状に比べたら、むくみ現象なんか微々たるものだよな!」って思っていても、くれぐれもミノタブの大量摂取だけはしないようにしてくださいね。重症になるとも限りませんからね!物には限度というものがありますから・・・!

 

 

ミノタブの副作用はまだあります。

 

 

ミノタブの副作用には多くの体毛が?

それは体毛の大量発生です!体のいたるところに毛が生えてくる現象です。この減少の理由はミノタブの働きを考えると自ずと理解できると思います。

 

 

ミノタブには毛細血管の拡張作用があるわけです。この作用は頭だけではなく体全体への作用です。

 

ということは、カタラ全体の毛根部分へ通じている毛細血管が拡張されるわけですから、毛が生えている全ての部分の毛根部分の働きが良くなり毛が伸びる確立が高いということです。

 

 

 

しかしその人によって生える率が多くなる部分は違っているようです。ある人は腕の毛が多く生えてきている。またある人は足に多くの毛が会えてきている。という風に人によって毛が生えてくる場所はまちまちということです。

 

また、ミノタブを摂取したにも関わらず、毛がほとんど生えてこない人もいるようです。

 

 

ミノタブの副作用は心臓へのトラブルも!

ミノタブの副作用には、狭心症発作や動悸、不整脈などの症状が出てくる場合があります。

 

通常ミノタブを摂取すると血管の拡張作用が現れてきます。血管が拡張されれば髪への栄養も豊富になりそれだけ髪の伸び率も良くなります。

 

しかし、ここで注意して欲しい問題は心臓への負担です。

 

 

 

血管拡張の現象は動脈にのみ起こる現象で、静脈にはこの現象は起きないと上記で説明しましたが、この作用によって心臓の働きにも悪い影響が出て来ます。

 

 

 

動脈と静脈の拡張作用が違うために起こる血液の流れのバランスが狂ってくる現象です。

 

動脈は広がり、静脈はそのままでという現象は狭心症を招く恐れが出て来ます。考えただけでもバランスが悪ければ悪影響が出てくると判断できてしまいますよね。

 

なのでミノタブの大量摂取は絶対やってはいけないことと、肝に命じて置かなければなりませんね。

 

また、心臓に不整脈などが出ていて弱いと思っている人も十分気をつけてくださいね。

 

尚、病院でのミノタブ処方では保険が適用されますが、個人輸入などの自分のみでの購入の場合は保険が効かないので頭に入れておいてくださいね。

 

 

なので、ミノタブ服用を始めるならば最低レベルの5mgから始めるといいかもしれませんね。また、ミノキシジル入りの育毛剤のほうが効果がある可能性があるかもしれません。リアップのように!

 

でもリアップにはミノキシジル成分が5mgしか入っていないので効果がイマイチになっているのも事実ですから、その上の7mgや12mgといったレベルの育毛剤ならば効果が出る確率が高そうともいえますよね。

 

 

ポラリスNR-08に含まれているミノキシジルの分量がちょうど7mgですから、育毛剤を使用し始めるならばポラリスNR-08が最適かと!

 

 

またその上の12mgに対応しているポラリスNR-11がありますが、ポラリスNRの中では最強と言われている育毛剤です。本来含まれているミノキシジルにプラスして、男性型脱毛症を予防するフィナステリド成分が配合されており、ポラリスのテクノロジーを最大限に生かした頭皮に炎症が起きにくくつくられているのも特長のポラリス系の育毛剤では最強といわれています!

 

 

 

 

まっ、とにかくミノタブの摂取は飲む時の注意事項を臨機応変に守っていけば、これほどの育毛効果が現れるものはないと断言できる育毛内服薬なので、臨機応変に効率よく確実な安全の元に服用対応するようにしてくださいね。

 

 

ミノタブの詳細はこちらから

続けて読む記事

初期脱毛 多ければ多いほど発毛効果は超ド迫力!
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。