本当に効く育毛剤 ランキング 男性用2017

このサイトは本当に効く育毛剤ランキング男性用2017年の最新版をお届けしています! 本当に効く育毛剤ランキング

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

医薬品や医薬部外品で売られている育毛剤、または化粧品で売られている育毛剤があります。

 

育毛剤に限ったことではありませんが医薬品、医薬部外品、化粧品という種類がありますが、あなたはご存知ですか?

 

 

本当に効く育毛剤ランキング

 

 

 

 

なぜこのような違いが起こっているのでしょうか?

 

その違いを探るべくこのサイトの趣旨でもある育毛剤に焦点を当てて考えた場合、育毛剤に配合されている成分の違いにその理由があるようです。

 

 

成分の違いによって医薬部外品の育毛剤で売られていたり、化粧品で売られる育毛剤になったりします。ではなぜ成分の違いによって売り方の方向性が変わるのでしょうか?

 

 

 

 

まずは医薬品や医薬部外品、化粧品に分けているための薬事法を調べてみましょう。

 

 

薬事法とは

育毛剤などに含まれている成分には、薬事法の1条項によって定められた法律があるようです。

 

(薬事法第1条項より)
「医薬品、医薬部外品、化粧品の品質、有効性や安全性の確保と使用による保健衛生上の危害の発生または拡大の防止のために必要な規制を行う」とあります。

 

この法律は、戦後経済成長期の真っ只中の昭和23年に定められた薬事法です。

 

 

薬事法の内容は今日まで幾度かの改正によって変わってきていますが、しかし、医薬品や医療用機器などの品質や有効性と安全性の向上を高める基本目的は変えないで、平成26年に薬機法(医薬品医療機器等法)という法律に改正されました。

 

 

医薬部外品の許可を取得するには厚生労働省の認可が必要になります。認可されれば「薬用・育毛剤・厚生労働省認可」などの謳い文句を表記できないという決まりがあります。

 

つまり薬事法とは、無差別な成分を使った商品をつくって売られれば保健衛生上の危害が発生することがあるため、医薬品・医薬部外品・化粧品という効果を3段階に設けた措置ということになりそうです。

 

 

医薬品とは?

 

病院などで実際に医療現場で使用されている医薬品で、医師が自ら処方している薬を医療用医薬品と言いますが、普段わたし達が巷で購入して使用している医薬品は一般用の医薬品になります。

 

効果はあるけれども医師が処方する医療用医薬品に使われる高い成分ほどの効果はなく、しかし医薬部外品に比べるとその効果の違いは明らかに分かるレベルです。

 

 

医薬部外品とは?

 

医薬部外品は医薬品よりも効果は低く、化粧品に比べると効果が高いというところに位置するもので、商品の多さから薬事法を作成する過程において3段階に区分けする際のちょうど良い中立的な位置決めをしたものと判断できます。

 

用途別に有効作用する成分が必要量配合されているという内容で、医薬品と比べると効き目はおだやかな感じで即効性があるわけではなく、一般的にみて予防といった部類になリます。しかし化粧品と比べると高い薬効成分の違いがあります。

 

 

 

これらの理由から医薬部外品は名目上薬用という文字が使われるのが特長としてあるため、時として効き目が高いという誤解を生むこともあるようです。

 

例として、薬用シャンプーや薬用石鹸などがあげられますが、これらは医薬部外品で売られている商品ですが、医薬品の効果があるような錯覚をしてしまうこともありますが、あくまでも予防と考えるほうが正しそうです。

 

 

 

また医薬部外品は厚生労働省の認可が必要になります。許可されれば、「育毛剤・薬用・厚生労働省認可」などの謳い文句が表記できるようになるのも特徴してあるので、育毛剤などを販売するときはメリットがある販売展開をすることができるのも特徴してあったりします。

 

 

化粧品とは?

 

化粧品とは「化粧をする先に美を叶える目的がある商品」ということです。

 

つまり、化粧品を使うことによってお肌の清潔感や肌の健康維持を目的として、魅力のある美しさを引き出す目的からつくられる美容目的のある商品です。

 

 

 

本来化粧品には、医薬部外品で認められている厚生労働省で認められている成分以外の育毛効果のある成分を使用するとができます。

 

なので、時として医薬部外品でつくられている育毛剤よりも育毛効果が高い育毛剤をつくることができるのも特長としてあったりします。

 

 

しかし化粧品で売られている育毛剤については、育毛効果があると分かっている成分を配合しても医薬部外品と違い「育毛剤・薬用・皮膚の殺菌効果・脱毛予防・発毛効果」などと表記できない規則があります。

 

 

 

なので、化粧品でつくられている育毛剤には医薬部外品よりも育毛効果が高い成分が配合されている場合があります。

 

しかしそれゆえに、場合によっては副作用などの問題も少なからず出る可能性もあります。

 

 

まとめ

 

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いには上記に述べた項目がありますが、育毛剤について考えた場合、最も育毛効果が高い育毛剤は医薬品で作られた育毛剤が一番効果がありそうといえます。

 

しかし、育毛剤に付きものの副作用頭囲問題もあるようです。

 

 

 

その次に効果が見られる育毛剤が化粧品でつくられる育毛剤となります。

 

化粧品で作られる育毛剤も然り、医薬品で作られる育毛剤と同じく若干副作用があるかもしれないという育毛剤ですが、今化粧品でつくられているほとんどの育毛剤にはこのような副作用の問題は出ていないのが現状としてありますので、購入しようとしている人の心配はないといえます。

 

 

 

そして一番副作用もなく無難な位置で作られている育毛剤が医薬部外品で作られる育毛剤ということになります。

 

医薬部外品は厚生労働省の認可が許可されている育毛剤として幅広い育毛ユーザーの人気が高い育毛剤です。

 

また誰が使ってもトラブルなどが起きない点も、人気の理由にあったりする育毛剤です。しかし、一旦育毛効果を重視する場合の人は、より発毛効果が高い化粧品で作られる育毛剤であったり、医薬品で作られる育毛剤のほうが、希望に添える期間が短くて済むように思われます。

 

 

 

 

 


頭皮環境を良くする育毛剤 発毛促進と頭皮環境を良くする 発毛促進する育毛剤 発毛を促進する内服用 ミノキシジル配合育毛剤 「男性型脱毛症」AGAを取り除く