本当に効く育毛剤 ランキング 男性用2017

このサイトは本当に効く育毛剤ランキング男性用2018年の最新版をお届けしています! 本当に効く育毛剤ランキング

フィンペシアとは?

本当に効く育毛剤ランキング

今、ちまたではフィンペシアとミノキシジルタブレットのダブル購入が

最も人気になっているようです。

 

また、個別での購入買いも人気があり、別件で運営しているサイトでの売上が
フィンペシアは二番目に購入率が高くなっています。

 

 

 

ところで、これほどまでに人気のあるフィンペシアとはどういった
育毛内服薬なんでしょうか?

 

フィンペシアが人気なんだけど、どんな風に良いのだろう?

 

 

と思っている方も多いと思いますのでフィンペシアについて、早速
説明したいと思います。

 

 

 

フィンペシアとは?

フィンペシアに含まれている成分中には、かの有名な
フィナステリドという成分が入っています。

 

そうです、あの有名なプロペシアに含まれている成分と同じ成分が含まれています。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ですから
成分もプロペシアと同じなのは当然ですよね。

 

 

 

フィンペシアやプロペシアに含まれているフィナステリドとは、
アメリカで開発された男性型脱毛症の治療薬です。

 

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として1992年に認可され、
「プロスカー」といわれる名前で世に出た薬です。

 

 

 

しかし前立腺肥大症の人達がプロスカーを使っている際、
男性型脱毛症にかかっている人の髪の毛が濃くなったことから、

 

ひょっとして育毛剤に使用してみてはどうかな?

 

ということから、男性型脱毛症の治療薬として認可されたのがプロペシアです。

 

 

このプロペシアをもとに作られたジェネリックがフィンペシアなんです。

 

 

 

 

しかし、フィンペシアはプロペシアのジェネリック品です。

 

でもここで疑問が湧いてきます。

 

なぜなら、フィンペシアができたときにはまだプロペシアができて20年という
特許権利が施行されている真っ只中だからです。

 

 

 

ではなぜプロペシアのジェネリックであるフィンペシアを製造することが
できたのでしょうか?

 

 

特許権があるのにも関わらずジェネリックができた訳とは?

プロペシアのジェネリック品を製造しているのはインドのCipla(シプラ)社です。

 

 

Cipla(シプラ)社の設立は1935年で世界150カ国に輸出しているほどの
インドでも老舗的存在の大手製薬会社です。

 

そんな老舗的な大手製薬会社が20年といわれている特許権を破ってまで
製造する理由とは一体何なのでしょうか?

 

 

 

 

実は、2005年までのインドでは特許という法が
ハッキリと定められていなかったのです。

 

 

ですから、2005年以前の物質的特許があったとしても、
特許権を持っている企業との話し合いで利権的商談如何によっては、
つくれることもできたそうです。

 

 

なので、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアもまた、このような理由から
特許権がある中でも製造できたというわけです。

 

 

 

またこの事実には深い理由が潜んでいました。

 

その理由は、インドには「国境なき医師団」というインドならではの
発展途上国というお国柄による理由が大きな要因になっているそうです。

 

 

国境なき医師団とは、

 

中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体
とあります。

 

1971年に設立して、日本でも1992年に国際団体の一つに
数えられる事務局も設立されています。

 

 

 

話が大分それてしまいましたが、フィンペシアの育毛効果は
どのように作用するのでしょうか?

 

 

フィンペシアの効果は人によって違う?

フィンペシアはプロペシアのジェネリックですから、主要成分の
フィナステリドが配合されています。

 

フィナステリドを配合していたプロスカーによって
前立腺肥大症と男性型脱毛症の両方の症状に改善傾向がみられたことによって
プロペシアが誕生しましまた。

 

 

ということは、プロペシアと同じ育毛効果が有るということです。

 

ただ違っていることといえば、錠剤を作る過程においての
添加物が違うということだけです。

 

 

 

どんな薬も添加物が配合されています。

 

添加物を配合しなければ薬は作れませんから当然といえば当然ですが!

 

 

 

添加物は下記のようなものが配合されています。

 

  • 賦形剤(ふけいざい)
  • 安定剤
  • 保存剤
  • 緩衝剤(かんしょうざい)
  • 矯味剤(きょうみざい)

 

 

 

したがって、プロペシア(先進医薬品)とフィンペシア(後発医薬品)との違いは、

 

  • 安定性
  • 保存性

 

などの違いがあるだけです。

 

 

 

したがって、

 

フィンペシアはジェネリックだから効き目が薄いのでは?

 

という疑問は一切ないということです。

 

 

 

ただし、添加物の違いによっては人それぞれの体質反応が
違ってくることもあるようです。

 

 

また商品欄の口コミをみていると、人によって感じ方や効き目が
若干違うというコメントも見かけることがたまにあったりしますが、
ほとんどの人の場合は普通に使っているようです。

 

 

 

フィンペシア

本当に効く育毛剤ランキング

詳細

【商品名】

フィンペシア
【成分】

  • フィナステリド

 

【効用】

  • 5αリダクターゼ抑制効果
  • 男性型脱毛症改善効果

 

【内容量】

  • 1箱30錠入り/1箱100錠入り
  • 1日1粒1ヶ月分/1日1粒3ヶ月分

 

【用法】

  • 1日1錠

 

【副作用】

  • 育毛用の医薬品の中では、比較的副作用が少ないのが特長

 

フィンペシア

 

 

 

 

続けて読む記事

プロペシア
プロペシアはフィナステリドといわれる男性型脱毛症(AGA)を抑制する成分が配合された育毛内服薬です。フィナステリドとは、アメリカで1983年に開発され1992年の年に前立腺肥大の治療薬として認可された
フィナステリド
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
デュタステリド
男性型脱毛症を抑制すると言われているデュタステリドは、本来は前立腺肥大症の特効薬に使われている成分です。デュタステリドが含有されている内服用育毛剤にはアボダート・デュタボルブ・ベルトリド・デュタス・デュタプロス・veltrideなどがあります。
プロスカー
プロスカーとは、フィナステリド成分を主体とした前立腺肥大症の治療薬として1983年にアメリカで開発されました。その後、数々の臨床検査を施されました。そして1992年に正式にFDA(食品医薬品局)に認可され、メルク社 (Merck)がプロスカーという名前で発売した内服薬です。
フィンカー
フィンカーとは、プロスカーのジェネリック医薬品です。先進医薬品のプロスカーは、1983年にアメリカで開発された前立腺肥大症の治療薬です。成分は男性型脱毛症を抑制するフィナステリド成分が配合されています。
アボダート
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
ザガーロ
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
ロゲイン
ロゲインとは、1980年にアップジョン社(現ファイザー社)が世界で初めて育毛剤として開発され、ロゲインという名前で売り出されたものです。主要成分はミノキシジルで、もともとは高血圧用の薬だったため血管を拡張させる効果がありました。しかし、
カークランド
カークランドとは?

頭皮環境を良くする育毛剤 発毛促進と頭皮環境を良くする 発毛促進する育毛剤 発毛を促進する内服用 ミノキシジル配合育毛剤 「男性型脱毛症」AGAを取り除く