本当に効く育毛剤 ランキング 男性用2017

このサイトは本当に効く育毛剤ランキング男性用2017年の最新版をお届けしています! 本当に効く育毛剤ランキング

デュタステリドとは?

男性型脱毛症を抑制すると言われているデュタステリドは、本来は
前立腺肥大症の特効薬に使われている成分です。

 

 

デュタステリドが含有されている内服用育毛剤には

 

本当に効く育毛剤ランキング

  • デュタボルブ
  • アボルブ
  • アボダート
  • ザガーロ

 

などがあります。

 

 

 

本当に効く育毛剤ランキング

前立腺肥大症も男性型脱毛症と同じく、5α還元酵素である男性ホルモンによる影響を受けて悪化する症状です。

 

 

また、男性型脱毛症を抑制すると評判が高いフィナステリドもあります。

 

フィナステリドが配合されているプロペシアやジェネリックであるフィンペシア、エフペシア、フィナロイドが有名ですが、これらは皆2型の5α還元酵素のみを抑制する効果しかありません。

 

 

しかし、デュタステリドは1型と2型の5α還元酵素両方を抑制する効果があります。

 

 

 

もともと前立腺肥大症に開発されたデュタステリドはより強力でなければ
前立腺肥大症という症状に太刀打ちできなかったんですね。

 

なので育毛効果にだけ効くフィナステリド入りの製品よりも、より強い成分で
5α還元酵素を抑制できるデュタステリドが開発されたんです。

 

 

 

男性ホルモンをAGA症状に変換する5α還元酵素の1型と2型の両方の抑制効果に
作用することで、育毛効果もフィナステリドよりさらに効き目が高くなっています。

 

しかもフィナステリド入りの製品ではフィナステリドが1mlに対して、
デュタステリド入りの製品では0,5mlという少ないグラム数での育毛効果です。

 

 

効率面でもデュタステリドのほうが上回っているということです。

 

 

 

しかも、デュタステリドは1型と2型の5α還元酵素に効くだけではありません。

 

血中濃度もより濃くなるのです。

 

 

血中濃度とは

本当に効く育毛剤ランキング

あなたは血中濃度という言葉をご存知ですか?

 

 

血中濃度とは、薬を飲んだあとの血液内の薬の濃度の濃さを表すものです。

 

 

この血中濃度が濃いほど、その薬は効き目や効果があるということです。

 

 

 

 

プロペシアなどに含まれているフィナステリドの服用後の血中濃度は、
1,4時間後に最高濃度になるそうです。

 

また半減期は4時間と記載されています。

 

半減期とは、薬を飲んだあと体内で薬の効果が半分になる時間を差しています。

 

 

 

 

またこの記述内容は、フィナステリドを初めて服用した場合のデーターです。

 

服用し続けた場合の状態では、血中濃度も高くなっているため、
このデーターももっと長い時間有効作用すると思われます。

 

 

デュタステリドの血中濃度

デュタステリドの血中濃度は、1,5時間後に最高濃度に到達するそうです。
そしてデュタステリドの半減期は、3,4週間だそうです!

 

フィナステリドの半減期が4時間に対して、デュタステリドの半減期は3,4週間・・・!?
図り間違いじゃないの?って思うくらい効き目の持続時間が違いますよね(^_^;)

 

 

 

本当に効く育毛剤ランキング

 

このおどろく理由が、デュタステリドが前立腺肥大症の特効薬として使われている理由かもしれません!

 

 

よくちまたでは、フィナステリドよりもデュタステリドがAGAに効果あると言われている訳には、このような事実が存在していたということかもしれません。

 

 

耐性という症状が現れる?

しかし、このようにすごいデュタステリドにも一部には耐性(たいせい)が現れると
いわれています。

 

耐性とは、医学用語で体内へ侵入するウイルスや細菌に対して薬が抵抗性を持ち、
効かなくなる現象が起きることをいいます。

 

 

たとえば長い間薬などを飲んでいると、途中で効かなくなるという症状です。

 

 

 

 

デュタステリドに効果があるにも関わらず、ちまたで流行らない理由にはこの耐性の問題が
あるからだといわれていますが、デュタステリドには耐性は現れないといわれています。

 

 

しかし現にデュタステリドを服用している人のなかには
耐性らしき症状が出ている人もいます。

 

ではそういった人の症状はなぜ現れるのでしょう?

 

 

 

なので、ここでちょっと耐性の問題に少し触れてみましょう。

 

耐性に似た症状の理由とは?

よくちまたで育毛内服薬などを服用している人の中で

 

耐性が出てきたから思うような育毛効果が現れなくなってきた

 

というコメントがあります。

 

 

デュタステリドやフィナステリドに耐性がほとんどないにも関わらず耐性らしき症状が
出ているという理由のなかには、体内の免疫システムに問題がある場合があります。

 

 

 

デュタステリド入りの内服薬を飲んでいて効果が現れないというときには、
必ずといって体が弱っている場合が往々にしてあるのです。

 

弱っている、またはなにかの病気にかかっているとかというときにはその特定の部所に
多数の免疫細胞が使われている場合があります。

 

 

 

薬効成分の効き目が効率よく作用している免疫細胞の働きが
おろそかになっている場合があります。

 

そういったときには、デュタステリドやフィナステリドなどの効き目が
いちじるしく低下する場合もあります。

 

 

わたしも育毛内服薬を使用している場合、疲れや風邪とかの病気などを発症した
ときなどに限って効果がいちじるしく落ちる場合を確認しています。

 

 

 

したがって「最近どうも効果がなくなったな?」という場合、
体の近状になにかの異変があるのか確かめてみてください。

 

 

そういった体の疲れや病気などの異変をまずは早く治すことを心がけるようにすれば、
デュタステリドやフィナステリドなどの効果が平常にもどる場合があります。

 

耐性ではなく偽物という噂もある?

また、効果が薄れてきた場合「これ偽物かな?」と思うときもあるかもしれません。

 

事実、輸入代行業者を介して購入した場合、偽物だったという実際の報告もあるようですが、

 

昨今ネットが普及している世界情勢では大きな実店舗を持っている企業に限っては即倒産に追いやられることになるため、ほとんどいって良いくらい偽物を取り扱うことは無いといえるでしょう。

 

 

ただし一回の売り込みという方法によっての販売であれば、
そのような悪どい販売戦略もあるのも事実です。

 

 

 

しかしこのような偽物も、商品の種類によって差があるといわれています。

 

育毛系は20%弱が偽物といわれているそうです。
またバイアグラなどEDに関しては20%強だそうです!

 

 

もしこれらの医薬品を個人輸入して「効き目がちょっとなくなってきたかな?」なんて
思った場合は、粗悪品が送られてきた可能性が高いといえるかもしれませんね。

 

個人輸入した場合のリスクには、このような問題もあるということも
考えて置かなければなりませんね(-_-;)。

 

 

 

 

しかしこれらの商品であっても、商品レビューなどを見てみても
ほとんどのレビューには「効果があった」という感想がほとんどです。

 

こういったことを考えてみても、偽物はほとんど無いといえるのではないでしょうか?

 

 

ただ、各企業で扱う添加物などの違いにより、医薬品の種類によっては
効き方が若干違う場合はあるようですが!

 

 

個人輸入で購入する方法

デュタステリド入の商品を安く購入する場合の最も良い方法は、オオサカ堂と言われている
ネット販売店を利用するという方法です。

 

本当に効く育毛剤ランキング

 

オオサカ堂は今年2017年で設立20年になる個人輸入販売店では老舗的存在で、
取引先のホールセラーはすべてが正規医薬品の取扱ライセンスを保有しています。

 

この場合のホールセラーとは、
製造販売企業とオオサカ堂の間を取り持っている卸業者つまり卸売業のことです。

 

 

卸売業が正規医薬品の取扱ライセンスを保有しているため、取り扱う商品すべてが
正規品で安心して購入できる
という訳です。

 

 

デュタステリド入の商品を購入するなら、一度オオサカ堂をのぞいて見てください。

 

またその前に、デュタステリド入りの商品のレビューを見てからの方がより納得できて
いいかもしれません。

 

各商品レビューはこちらから

 

(デュタステリド配合医薬品)

 

アボダート(Avodart)

 

 

(アボルブジェネリッ医薬品) 

 

デュタボルブ

 

ベルトリドVeltride

 

 

(ザガーロジェネリッ医薬品)

 

デュタプロス

 

デュタス

 

デュプロスト

 

 

続けて読む記事

プロペシア
プロペシアはフィナステリドといわれる男性型脱毛症(AGA)を抑制する成分が配合された育毛内服薬です。フィナステリドとは、アメリカで1983年に開発され1992年の年に前立腺肥大の治療薬として認可された
フィンペシア
フィンペシアを説明する前に、フィンペシアの人気度がどれほどのものか!今、ちまたではフィンペシアとミノキシジルタブレットのダブル購入が最も人気になっているようです。また、個別での購入買いも人気があり、別件で運営しているサイトでの売上がフィンペシアは二番目に購入率が高くなっています。
フィナステリド
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
プロスカー
プロスカーとは、フィナステリド成分を主体とした前立腺肥大症の治療薬として1983年にアメリカで開発されました。その後、数々の臨床検査を施されました。そして1992年に正式にFDA(食品医薬品局)に認可され、メルク社 (Merck)がプロスカーという名前で発売した内服薬です。
フィンカー
フィンカーとは、プロスカーのジェネリック医薬品です。先進医薬品のプロスカーは、1983年にアメリカで開発された前立腺肥大症の治療薬です。成分は男性型脱毛症を抑制するフィナステリド成分が配合されています。
アボダート
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
ザガーロ
本当に効く育毛剤とは・・・?その真の実態を知れば「へ〜まさか!」と、誰もが思えるような育毛剤だった!と、驚きの内容を赤裸々(せきらら)に詰め込んだ2017年度最新版の育毛剤ランキングサイトです。
ロゲイン
ロゲインとは、1980年にアップジョン社(現ファイザー社)が世界で初めて育毛剤として開発され、ロゲインという名前で売り出されたものです。主要成分はミノキシジルで、もともとは高血圧用の薬だったため血管を拡張させる効果がありました。しかし、
カークランド
カークランドとは?

頭皮環境を良くする育毛剤 発毛促進と頭皮環境を良くする 発毛促進する育毛剤 発毛を促進する内服用 ミノキシジル配合育毛剤 「男性型脱毛症」AGAを取り除く