本当に効く育毛剤ランキング 男性用2017

このサイトは本当に効く育毛剤ランキング男性用2018年の最新版をお届けしています! 本当に効く育毛剤ランキング

ジェネリックとは?

ジェネリックとは、後発医薬品ともいわれ先進医薬品をコピーしてつくられた医薬品です。

 

 

 

先進医薬品とは、病気の用途に合わせて最初に作られた医薬品です。

 

しかし、先進医薬品には20年といわれる特許権が存在しているため、その間のおなじ成分や用途を使用して作れない仕組みになっています。

 

要は著作権を保護する法律があり、先進医薬品のメリットが守られているわけです。

 

 

 

先進医薬品という新しい医薬品を開発するということは、とてつもない能力開発技術と莫大な資金や期間が必要になってきます。

 

なので20年間という間に元手にかかった資金を回収するためや開発能力への恩恵として独壇場のメリット的権限が与えられているわけです。

 

 

しかし、20間経過した後は先進医薬品で使用されている成分を使用しておなじ医薬品をつくれるようになります。この医薬品こそがジェネリック医薬品といわれているものです。

 

 

 

 

このサイト内で紹介しているフィナステリドを使用したフィンペシもそういった条件でつくられた医薬品です。また、プロペシアがつくられて20年以上経っているため今ではろいろな企業によってジェネリック薬がつくられています。

 

 

 

プロペシアのジェネリックには次のような種類があります。

 

 

(国内で購入できるもの)

  • ファイザー「フィナステリド錠1mg」(ファーザー製薬)
  • サワイ「フィナステリド錠1mg」(沢井製薬)
  • トーワ「フィナステリド錠1mg」(東和薬品)

 

(個人輸入で購入できるもの)

  • フィンペシア1mg(インドCipla(シプラ)社製)
  • エフペシア1mg(インドCipla(シプラ)社製)
  • フィナロ1mg(インタス社製)
  • フィナロイ1mg(ロイドラボラトリーズ社製)
  • フィナバルト1mg(イーストウエストファーマ社製)

 

 

上記の他にもさまざまな種類がありますが、プロペシアのジェネリックの代表格になります。

 

製品の名前は各企業によって異なるだけで、配合されている成分についてはほとんど似たようなものです。

 

 

 

国内で購入率が高いものは、ファーザー製薬がつくっているファイザーです。

 

 

ファイザーはアメリカのニューヨークに拠点を置く世界でもトップの売上をほこる製薬会社です。

 

名声による信頼度もあり、購入時の安心感という点においての売上数はトップクラスです。しかし、現在はちまたで人気の個人輸入が人気を読んでおり、その中でもインドのCipla(シプラ)社製のフィンペシアの売上が急増しています。

 

 

ファイザーは病院などで処方される内服薬ですが、フィンペシアは個人輸入によって簡単で気軽に個人で購入できるという理由から人気に拍車がかかっているようです。

 

 

個人で輸入する最も多いのはやはりフィンペシアです。需要も多いという理由から比較的他の商品と比べてみても価格も安くなっており、また安心して注文できるという特長もあります。

 

 

 


頭皮環境を良くする育毛剤 発毛促進と頭皮環境を良くする 発毛促進する育毛剤 発毛を促進する内服用 ミノキシジル配合育毛剤 「男性型脱毛症」AGAを取り除く